• ホーム
  • ダイエットしながらの禁煙とランキング上位の置換法

ダイエットしながらの禁煙とランキング上位の置換法

ダイエットと禁煙を両立させるというのは考え方によっては難しく、考え方によっては容易にできることです。
タバコに含まれているニコチンが禁煙を難しくするものですが、ニコチンには依存性があるものの、食欲を抑制する効果があることから喫煙によって食事量が抑えられているという傾向があります。
しかし、ニコチンには胃腸の機能を低下させる作用があることから、これを断つことによって消化吸収過程による代謝の活性化を期待することができ、ダイエットにつながります。
こういった二面性をうまく活用できるようになればダイエットと禁煙が両立させられるのです。

食欲抑制がなくなってしまうことをうまくコントロールするためにはよく噛む習慣をつけるというのが良い方法です。
ゆっくりとよく噛んで食べることによって満腹中枢が刺激されることになるため、食欲抑制効果を代替することができます。
食べ過ぎを抑制するには食欲を抑えるというのが基本的な考え方であり、その実現に役立つ方法なのです。
また、食物繊維が豊富でお腹が膨らむ寒天や海藻などを食べて紛らわすのも賢いアプローチです。
胃が膨らむことによっても満腹中枢が刺激できるため、カロリーのほとんどない食べ物を食べることで食欲を下げることができます。

こういったアプローチでダイエットと禁煙が両立できますが、禁煙の実現はより難しいものです。
その解決法のランキング付けはよく見られるものです。
ランキング上位にあがる方法はガムをタバコの代わりにしてみたり、一服する習慣を運動やコーヒー、紅茶に変えてみるというものです。
また、ダイエットとの両立という観点からは入浴もランキング上位に入るものであり、こういった置き換えを行うことで禁煙が実現できるでしょう。

関連記事