• ホーム
  • ダイエット中にタンパク質不足による影響

ダイエット中にタンパク質不足による影響

運動する肥満女性

理想的な体重に近づける為、食事制限を行っているという方も、多いのではないでしょうか。
食事制限は摂取カロリーを、大幅に減らす事ができます。
消費カロリーよりも摂取カロリーを抑えれば当然、体重は減っていくでしょう。
より早く体重を落としたいという事で、野菜中心の食事にしてしまうケースも多いようですが、このような極端な食事制限によるダイエットはお勧めできません。
野菜中心のダイエットは、どうしてもタンパク質が不足してしまいがちです。
タンパク質をしっかり摂らないと、健康に害を与えたり、ダイエットも成功しない恐れがあります。

お肉や魚、卵などに含まれるタンパク質ですが、タンパク質は5大栄養素の1つで、人間の体を維持するには必要不可欠です。
エネルギー源となるタンパク質を極端に減らしてしまうと、体の免疫機能が落ちてしまい、様々な病気を発症するリスクが高まります。
また、肌や髪、血管や骨もタンパク質で作られるので、不足してしまうと肌や髪はボロボロに、そして血管・骨は弱まります。
筋肉もタンパク質で作られている組織です。

タンパク質不足になると、筋肉も少なくなってしまい新陳代謝が低下します。
すると、脂肪がつきやすく、しかも脂肪が燃焼しにくいダイエットに向かない、体質になってしまうのです。
ホルモンバランスもタンパク質不足で引き起こされる為、野菜中心の食事を続けていると、生理不順や場合によっては不妊症にまで症状が悪化してしまうかもしれません。

このように、ダイエット中だからといって、お肉や魚、卵を食べない食事を続けると、見た目も体の中もボロボロになってしまいます。
ですので、しっかりとタンパク質を補いつつ、ダイエットを行う事が大切です。

関連記事